トップページへ

今月の給食メニュー
給食室から
園生活の中で一番大切なことは「食事」。そして、それを「楽しく食べること」
小さな頃から『食』に対する関心を高めることが、重要視されています。
日頃食べている食材を収穫したり、調味料などの作り方を体験したり、簡単なクッキングをしたり、
『食』への興味は、自身の『からだ』を大切にし、さらには『命』を大切にする心へと繋がっていきます。
そして、自分のために作ってもらった食事を、感謝して、そしてみんなといっしょに、おいしく楽しく食べることが
心とからだの成長に、良い大きな影響を与えると思います。

みなまつ保育園全景

もちろん食材にもこだわっています。『玄米』中心の和食が主流です。

『こどもの味覚は十(つなし)まで』と言われるように、その子の味覚は10歳になるまでに決まってしまうのです。
それまでに覚えた食べ物の味覚は、一生忘れないで大人になっても食べ続けると言われます。
だとするなら、それまでに本当においしいお米の味を、愛情込めて伝えてやりたいと思うのです。
失われつつある日本の伝統的な食文化を、保育園の調理室から始めるのは、決して早くはないと思います。

離乳食やアレルギー対応の除去食にも細かく対応いたしますので、ご安心ください。
お魚を中心とした和食の給食がメインです。お誕生会には手作りケーキでお祝いします。